ビル経営を始めてみよう|エリア決めや利回りなどの知識も必要

レディ

大家さんにメリット大

つみき

所有しているマンションやアパートの経営で不安なことの1つに、あてにしていた家賃が入ってこなくなることです。家賃が入ってこなくなる理由には、入居者の家賃滞納や空室になったのに次の入居者が入らないことで発生します。そこで、家賃が入らなくなるリスクを下げるのに、人気なのが家賃保証会社との契約です。家賃保証会社と契約することで、突然の家賃滞納や思わぬ空室でも決まった家賃を得ることができるようになります。また、家賃滞納のトラブルをめぐり裁判にまで発展した場合でも家賃保証会社が対応するので、大家さんは一切関わらずにすむメリットもあります。家賃保証会社へは、手数料を払いますが兼業大家さんなどは物件管理の手間を大幅に減らすことができるので契約する人は多いです。

賃貸マンションやアパートの管理が楽になる家賃保証会社との契約ですが、所有物件がきちんと管理されているかどうか確認することは怠らないようにしましょう。家賃保証会社との契約には様々な形態があり、家賃のみの保証をしている家賃保証会社もあれば、物件の管理まで請け負う家賃保証会社もあります。なので、後者の物件管理まで家賃保証会社に依頼している場合は、きちんと物件の管理ができているかを定期的に確認するようにしましょう。また、どれくらい入居者が居るのかや空室になった部屋は空いたままになっていないかどうかなどのチェックは家賃収入に直接関わってくるので大家さんの立場でも把握するようにしましょう。間違っても家賃保証会社に丸投げしてしまわないように注意しましょう。