ビル経営を始めてみよう|エリア決めや利回りなどの知識も必要

レディ

オーナーになったら

積み木

わずらわしい事務手続き

アパートやマンションの経営を始める人にとって、賃貸管理は重要な仕事の一つになります。まず物件を賃貸する人の募集を始めて、入居する際には保証人を付けてもらったり物件の説明を行ったり、入居した人からの物件の苦情があればそれらに対応していかなければなりません。一番煩わしくなってくるのが、物件の賃貸管理になります。家賃がしっかりとはいっているか、滞納している人はいないか、滞納をしている人がいれば督促をと、賃貸管理にはかなりの労力と時間がかかってしまいます。それにプラスして物件の共用部分の管理や修繕などの手間もかかってきてしまいます。それらの時間と手間がなくなってしまえば、ほとんど何もしないで家賃収入が得られることになります。

収益を上げるために

現在ではこれらの収益物件の賃貸管理を行っている、専門会社もできてきています。入居者の募集はもちろんのこと、入退室の事務的な手続きなど一切を引き受けて行ってくれます。ただし手数料は必要とします。中には共用部分の管理や修繕も行っている会社もあり、自分がやることの手間を考えて、少しの手数料を支払っても利益が出てくるのならばぜひ利用してみたいものです。アパートやマンションのオーナーの人たちは専業でやっている人は少なく、代々受け継いだ不動産にこれらの収益物件を立てて、オーナーになっている人がほとんどです。ですからこれらの物件の管理については、専門的な知識を持っている人は少なくなっています。専門知識を持ち合わせている賃貸管理会社に依頼することで、楽に収益を上げていくことができます。